まさに一石二鳥!

3月 15th, 2014
足をあたためると全身があたたまるとよく言います。

これは足の裏にある汗腺などが発達しているためです。

こういったことから、足をあたためれば、血行が促されますので、生活において取り入れるむくみ対策として、足湯は大変効果的です。

普段わりとシャワーで済ませてしまうという方は多いですし、お風呂に全くつからない人もいると思います。

頻繁にお湯につかるということが、特に一人暮らしの場合は少なくなります。

半身浴でもいいですし、もちろん足湯でもいいのですが、むくみ対策としてお湯につかる習慣をつけると言うのは、とても大事なことなのです。

足湯を自宅でおこなうときは、42度ぐらいのお湯と、足ぐらいまでつかれる容器を用意して、20分ほどそのままお湯に両足をつけるようにします。

新しいをお湯も用意しておいて、お湯がぬるくなってきたら途中で交換するか、少しずつつぎ足すようにしてください。体内に溜まった老廃物も、日々足湯をしていると、徐々に排出することができるようになってきます。

それだけお湯につかるというのは、むくんだ足の血行を良くするのに、高い効果が期待できるのです。

むくみが固まってくると、足が太くなる原因にもなりますし、仕事や通勤でむくんだ足も、足湯で超お手軽に、すっきりと回復させることができますので、お勧めの自宅ケア方法としては大変おすすめです。

足湯を取り入れることによって、むくみを解消するだけでなく、美脚効果も期待できますので、まさに一石二鳥です。






Copyright © 足のむくみ解消情報紹介blog All right reserved. Designed/Developed by Lloyd Armbrust